日本ハム野村、左膝打撲による関節炎で抹消 10日の試合でスライディング、左膝強打

[ 2021年4月12日 18:20 ]

日本ハム野村
Photo By スポニチ

 日本ハムは12日、野村佑希内野手(20)が東京都内の病院で精密検査を受け、左膝打撲による関節炎と診断されたと発表した。

 野村は10日のオリックス戦の9回にスライディングした際、左膝を強打した。試合復帰まで2週間の見通し。この日、登録を抹消された。野村は、2年連続で開幕スタメンを勝ち取り、ここまで打率・268と3年目のブレークが期待されていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース