西武・平井 パ・リーグで1人だけ開幕から負けなし先発3戦3勝!

[ 2021年4月12日 05:30 ]

パ・リーグ   西武2-1ロッテ ( 2021年4月11日    ZOZOマリン )

<ロ・西>粘りの投球を見せた平井(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 持ち場が変わっても頼りになる男だ。今季から先発に転向した西武・平井が、7回5安打1失点。パ・リーグ唯一の3戦3勝に「テンポよく投げるのが僕のスタイル。それができて良かった」と頬を緩めた。

 6回まで毎回の8奪三振。1点リードの7回2死二塁ではカットボールで代打・鳥谷を二飛に仕留め「“しっかり内角で攻めるよ”と(森)友哉に言われていた。応えられて良かった」とヤマ場を越え、グラブを叩いた。

 「志願」の先発転向へ、自主トレでは走り込みの量を倍以上に増やし、春季キャンプでも1000球以上を投げ込んだ。「長いイニングを投げる」と先発型へのモデルチェンジにも着手。ワインドアップモーションを取り入れ「1試合100球以上投げる。全身を使って投げる感覚ですね」と体への負担を減らして、より球数を投げる準備をした。誰よりも過酷さを知るからこそ、中継ぎへの負担減がテーマ。

 19年にはパ・リーグ新の81試合登板を果たし、CSも右太腿裏肉離れを抱えながら投げ抜いた。降板後の8回に平良が、2死満塁のピンチを招いたが「託しているので信頼して見守るだけ。抑えてくれてうれしかった」と感謝を口にした。

 今季初先発だった開幕3戦目のオリックス戦。1歳半の長男を初めて本拠地に招待した。「ほとんどキッズルームにいたみたい」と苦笑したが、愛息の存在を胸に6回無失点で今季1勝目。好投を続けてリーグトップの3勝だ。「引っ張っていこうというのはあまりない。足を引っ張らないようにだけ」。故障者続出の非常事態も「神様、仏様、平井様」が救ってみせた。(花里 雄太)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月12日のニュース