中日ドラ3土田 初実戦いきなり守備でアピール 初安打お預けも…与田監督「打球に対する入り方凄い」

[ 2021年2月22日 17:55 ]

2軍練習試合   中日7―3DeNA ( 2021年2月22日    沖縄・読谷 )

山崎に空振り三振に打ち取られた土田
Photo By スポニチ

 中日のドラフト3位・土田(近江)が「9番・遊撃」でプロ初の実戦出場。打撃ではプロの洗礼を浴びたが、守備では軽快なプレーを披露した。

 「木製バットというか、相手投手の球の速さ、変化球のキレに苦戦しています」というバッティングは4打数無安打、3三振。8回には山崎の変化球にバットが空を切り、空振り三振に仕留められ「ストレートの伸びが違うし、落ちる球もキレが素晴らしかった」と守護神を務めていた右腕に脱帽するしかなかった。

 それでも遊撃の守備は「しっかりできた」と8回には益子の三遊間への深い打球の追いつき、素早く一塁へ転送してアウトに。視察に訪れた与田監督も「投げるための準備ができている。打球に対する入り方が凄い」と高校生らしからぬプレーに目を細めた。

 初安打はお預けとなった高卒ルーキーは「次、出る場面があればしっかり貢献したい」と意気込んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース