DeNA・田中俊 「1番・一塁」で存在感「求められることに取り組みたい」

[ 2021年2月22日 05:30 ]

練習試合   DeNA4‐5ロッテ ( 2021年2月21日    宜野湾 )

初回無死、中前打を放つ田中俊(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人にFA移籍した梶谷の人的補償で入団したDeNAの田中俊は「1番・一塁」で先発出場。2打数1安打で1四球に1盗塁と存在感を示し「初回に出塁でき良かったし、求められることに取り組みたい」と先を見据えた。

 初回は有吉から中前打。6回は四球で出塁して二盗を決め、その後に中井の左前打で生還した。神里らと1番争いを展開する中でアピールに成功し「(開幕スタメンを)狙うのは選手として当然」と語気を強めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース