パ軍指揮官がダル称賛「投手や捕手たちと上手く関係つくってくれている」野茂氏にも感謝

[ 2021年2月22日 19:19 ]

ブルペンで投げるダルビッシュ(パドレス提供)
Photo By 提供写真

 パドレスのジェイス・ティングラー監督が21日(日本時間22日)、オンライン会見でダルビッシュについて「自分らしくいてくれている。投手や捕手たちと、うまく関係を作っていってくれている」と評価した。

 ダルビッシュはこの日は2度目のブルペン入り。オースティン・ノラ捕手を相手に、走者を意識しながらセットポジションでも投げ込んだ。次回は打者相手に投げると見られる。

 また、指揮官は球団アドバイザーとしてキャンプに参加中の野茂英雄氏の存在も称賛。「彼の選手としての成功がたくさんの日本人選手や、アジアの選手にメジャーへの扉を開いた。キャンプではブルペンを見たあと、さらにビデオでもチェックして、気づいたことなど、意見を伝えてくれる。うちの選手やコーチたちはその情報をチームの財産として使っている。監督としてはとてもありがたいこと」と感謝の言葉を述べていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース