「梅ちゃんバズーカ」は今年も健在 阪神・梅野、2度の好送球で藤浪をアシスト

[ 2021年2月22日 05:30 ]

練習試合   阪神4ー3広島(特別ルール) ( 2021年2月21日    宜野座球場 )

<神・広> 1回1死一塁、梅野は羽月の二盗を阻む(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 「梅ちゃんバズーカ」連発だ。「7番・捕手」で先発マスクをかぶった梅野が、2度の好送球で藤浪を救った。

 「盗塁も刺せたし、けん制も最高だと納得している、晋太郎(藤浪)がピンチのところで助けられたし、ゼロで抑えられたのは個人としては良かった」

 まずは初回1死一塁だ。走者・羽月が野間の打席の2球目に二盗を試みたが、矢のようなストライク送球で悠々アウトに。さらに3回1死三塁では上本の打席の5球目、大きく飛び出た三塁走者・石原を見逃さず、素早いけん制で帰塁を許さなかった。持ち前の強肩を改めて誇示した。

 この日の試合ではファウルチップが右足くるぶし付近や右ふくらはぎに直撃も、幸いにも試合後のアイシング治療で大事には至らなかったもよう。3回の攻撃で退いたが、痛みにも耐え、堅実な守りで役割を全うした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース