広島・長野が今春“大トリ”シート打撃登場で快音 27日の古巣巨人戦で対外試合初出場へ

[ 2021年2月22日 19:41 ]

シート打撃で広島・長野(手前)は大瀬良から中前打を放つ。
Photo By スポニチ

 広島・長野久義外野手(36)は、沖縄春季キャンプ第5クール3日目の22日、シート打撃に参加して快音を響かせた。

 大瀬良と対戦した1打席目は左飛、2打席目は三ゴロ。田中法には遊ゴロに抑えられるも、再び大瀬良と対戦した4打席目に強烈な打球を中前にはじき返した。これが大瀬良と対戦した打者のべ9人のうち唯一の安打となった。

 実戦形式の打撃練習に参加するのは今春初だった。1軍メンバーでは“大トリ”での登場に、佐々岡監督からは「長野は(調整を)任せている」と信頼を置かれている。27日の巨人との練習試合で対外試合に初出場する見込みだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース