「天敵退治」も規格外新人に任せろ!阪神・佐藤輝が広島・森下から二塁打 昨季チーム3敗の超苦手

[ 2021年2月22日 05:30 ]

練習試合   阪神4ー3広島(特別ルール) ( 2021年2月21日    宜野座球場 )

<神・広>1回2死、佐藤輝は右中間二塁打を放つ(投手・森下)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 “天敵”も打った。阪神ドラフト1位・佐藤輝明内野手(21=近大)の勢いが止まらない。「3番・左翼」で先発出場した広島との練習試合でも、3戦連続適時打を含む2安打1打点と存在感を示した。

 「このまま甘いところを捉えられるようにやっていくだけです」

 昨季新人王で、阪神相手に4戦3勝、防御率2・25と立ちはだかった“天敵”こと森下を初回から捉えてみせた。2ボール2ストライクからの6球目、外寄りの146キロ直球を打ち砕いた。「甘いところを捉えられたのはよかったと思います」。鋭い打球は右中間を真っ二つに切り裂き、悠々と二塁へと到達した。

 続く3回2死一塁で迎えた第2打席は初球から手を出した。「ちょっと…打ち損じですね」。規格外のスイングで高々と打ち上げたマウンド付近への大飛球は三塁・羽月の落球を誘った。漫画「ドカベン」の通天閣高校・坂田三吉の「通天閣打法」をほうふつさせる一打。もしも芯に当たっていたら、どこまで飛んだことか。だから二塁塁上で苦々しい表情を見せた。近大2年時に選出された大学日本代表で同僚だった森下との初対戦は“五分”の痛み分け。「シーズンではもっと違う球を投げてくると思うので。油断はできないです」と前を向いた。

 6回2死二塁の3打席目ではケムナの148キロを三遊間にはじき返し、3戦連続の適時打で打点を挙げた。対外試合5戦の打率・522、2本塁打、8打点はチーム3冠に君臨する。結果を残し続ける佐藤輝に、矢野監督も「たいしたもん。今のところあまりこう悪いところが見えないというか。投手が代わっても自分のタイミングでスイングができている。見逃し方とかもすごく相手にとっては嫌な見逃し方をする」と称賛の言葉を並べた。

 試合後の外野特守は「イチローっぽく」を意識して上達に励んだという。言動もこなれてきた超大型新人。このまま開幕へ突き進む。 (阪井 日向)

 ○…広島・森下からも“賛辞”を受けた。昨季新人王右腕は「しっかりと勝負していく意識でやったが、打たれちゃいました。工夫しながらやっていきたい。大きいですし、しっかりと踏み込んでくる。いいバッターだなと思います」と称賛。また大学時代の印象については「おとなしい感じのイメージ」と豪快な佐藤輝の意外!?な横顔も紹介した。

 ▼中日金子丈スコアラー(佐藤輝について)ずっと連続で実戦で打ってますもんね? いくらすごいバッターでもヒットでない日もあるじゃないですか? 見ている中で、ここまで注目されつつも結果を出すというのは本当にすごいなと思います。

 ▼広島岩本貴裕スコアラー(佐藤輝について)ボール球にも手を出してないですし、選球眼の良さを感じるところもある。(藤浪について)普通に投げれば打たれることはないピッチャー。本当に怖い存在。

 ▼巨人横川史学スコアラー(佐藤輝について)距離の出る打者って筒香とかもそうだけど、リストを利かせて打つ打者が多いけど、ああやって面で打つというのはミート率も上がるし、ずっと見ていて引っかけた内野ゴロがないっていうのが素晴らしい。間違いなくいい打者だと思います。(藤浪について)すごい球を投げたら誰も打てないのは知っているし、シーズンまでどうやって調整するかっていうところを見るだけです。

 ▼ヤクルト片岡大蔵スコアラー(佐藤輝について)生で見るのは2回目だけど、風格はある。初球からバットそどんどん振れるし初球からフルスイングで入ると、投手は怖い。(藤浪について)阪神の担当は初めてだし、見始めたのは昨日からだけど、その前の投球もテレビで見ていて、ワインドアップがしっくりきている。全然暴れてない。あれだけストライクが入れば球威はあるし、変化球のキレは超一流だから。(開幕カードでの対戦も)それはあるでしょう。来る可能性大なので。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース