レ軍有原 2度目ブルペン入り 投手コーチは変化球を評価 先発ローテ濃厚で指揮官は「注意して起用を」

[ 2021年2月22日 19:16 ]

練習中に笑顔を見せる有原(レンジャーズ提供)
Photo By 提供写真

 レンジャーズの有原が21日(日本時間22日)、アリゾナ州サプライズで今キャンプ2度目のブルペン投球を行った。

 午前中から風が吹き、寒かったことから、滑りやすいメジャー球はより滑ったが、ダグ・マシス投手コーチは投球練習後に「慣れていくしかない。でもカッター、スライダー、カーブなどブレーキングボールは良かった」と本人を励ました。

 有原の投球を受けたドリュー・ブテラ捕手は2011年に西岡剛がツインズでプレーしたときのチームメイトで無類の親日派。早速、乾燥対策など話し込んでいた。

 先発ローテーション入りが内定している有原だが、クリス・ウッドワード監督は「日本で中4日で投げていないし、序盤はリカバリーの状態を見て、ケガをしないように注意して起用していきたい」と話した。22日(同23日)から野手組が合流し、次回は打者相手に投げると見られる。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース