オリ・吉田正が「高橋撃ち」の先頭に立つ 西武の開幕投手に通算打率・542の好相性

[ 2021年2月22日 05:30 ]

「高橋撃ち」を誓うオリックス・吉田正尚

 「高橋撃ち」で開幕ダッシュを決める。オリックス・吉田正が西武の開幕投手を務める高橋を攻略し、チームを上昇気流に乗せる構えを示した。

 「開幕カードを勝ち越せるかが重要になる。西武は打撃が強いチーム。しっかり(投手陣を)援護できるように、やっていきたい」

 チームは昨年9月8日の対戦で「ノーノー未遂」を許すなど、4試合で3勝を献上した“天敵”だが、主砲にとってはお得意様。通算打率.542、3本塁打と好相性を誇り、昨季も10打数5安打と打ち込んだ。今年も打棒に期待がかかる。

 開幕戦は鬼門で、チームは10年の勝利を最後に1分けを挟んで開幕9連敗中。中嶋監督が「オレは(スタートダッシュに)こだわりたい。“今年もダメか”ってなるのは1番嫌」と言えば、吉田正も「そこ(開幕カード)で貯金をつくれるように」と呼応した。難敵撃破の一打が、逆襲の号砲になる。 (湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース