ヤクルト・ドラ1木沢151キロ「アドレナリン出た」プロ初実戦2回零封

[ 2021年2月22日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト5-2楽天 ( 2021年2月21日    浦添 )

楽天打線を封じる木沢(撮影・白鳥 佳樹)       
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位・木沢(慶大)がプロ初実戦で2回1安打無失点。上々のデビューを飾り「プロの打者に投げる高揚感もあったし、アドレナリンが出た。今日の気持ちを忘れないようにしたい」と振り返った。

 3回から2番手で登板し最速151キロを記録。カットボール、カーブ、スプリットと持ち球の全球種を投げ、打者の反応を確かめた。2四球も与えただけに「カウントが不利になって四球を出した。修正したい」と反省も忘れなかった。

 東京六大学でしのぎを削った楽天のドラフト1位・早川(早大)も前日に2回無失点デビューを飾ったが木沢は「僕はのんびりとやります」と言う。周囲の雑音に惑わされることなく、一歩ずつステップアップしていく。(青森 正宣)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース