ヤクルト・ドラ2山野は2回零封「楽しく投げられた」 ドラ4元山「一発で仕留めた」適時二塁打

[ 2021年2月22日 05:30 ]

練習試合   ヤクルト5-2楽天 ( 2021年2月21日    浦添 )

5回から救援したヤクルト3番手・山野(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの木沢と同学年でともに東北福祉大出身の2人も奮闘した。ドラフト2位の山野は3番手で5回から登板し、2回2安打無失点。プロ初実戦を「しっかり自分のフォームで打者に対して投げられた。楽しく投げられた」と振り返った。

 同4位の元山は6回守備から途中出場し「一発で仕留められた」と7回に左中間適時二塁打を放つなど2安打1打点。これで実戦4試合連続安打で通算10打数6安打4打点とした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース