2年目の中日・石川昂が苦しむ「1軍の壁」 2軍から招集受け「4番・三塁」で先発も…

[ 2021年2月22日 05:30 ]

練習試合   中日2ー5日本ハム ( 2021年2月21日    名護球場 )

<日・中>4回2死、空振り三振に倒れた中日・石川昂(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 「1軍の壁」を痛感した。2軍から招集された中日・石川昂が、日本ハムとの練習試合に「4番・三塁」で先発出場。だが3三振を喫するなど4打数無安打とはね返され、「直球を打てなかったのがダメ」と唇をかんだ。

 4回の第2打席はファウルで粘り、フルカウントに持ち込んだものの、井口の内角変化球に手が出ず見逃し三振。さらに直後の相手攻撃では2ボールからの直球を3ランにした清宮に力の差を見せつけられ「すごいなと思った。一振りで仕留めるようになりたい」。自身と同じく、主砲を目指す“先輩”にライバル心をのぞかせた。

 一方、守備では6回から実戦初の一塁を守るなど出場機会を増やすために柔軟に対応。与田監督も「良い投手が出てくると簡単でないと改めて分かったと思う」と今後のレベルアップを期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース