ソフトバンク・ドラ1井上 勝負強さ発揮し対外試合初打点!先制の二塁打放つ

[ 2021年2月22日 05:30 ]

2軍練習試合   ソフトバンク8―1巨人 ( 2021年2月21日    サンマリン宮崎 )

巨人との2軍戦に出場したソフトバンクのドラフト1位・井上
Photo By スポニチ

 持ち前の勝負強さを発揮した。ソフトバンクのドラフト1位・井上朋也内野手(18=花咲徳栄)が、巨人との2軍練習試合で対外試合での初打点をマークした。

 2回無死一塁で先制の左翼線二塁打。フルカウントからスライダーにうまくバットを合わせると、鋭い打球が三塁ベース横を破った。「最低でも1日1本は、と決めている。ああいう結果になって良かった」と喜んだ。しかし以降の3打席は凡退。4回には野上の初球のカーブに泳がされてボテボテの投ゴロに倒れるなど「内容の悪い打席もあった。見直したい」と話した。

 疲れもたまってきている一方で「体重は2キロぐらい増えた。下半身の筋肉だと思う」。次なる目標は「プロで初めてのマルチ安打を打ちたい」。16日にも巨人との練習試合でヒットを放っている大器は一歩一歩、前に進む。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース