巨人・高橋“宮本カーブ”で開幕ローテーション目指す「自分のものにできれば」

[ 2021年2月22日 05:30 ]

巨人・高橋
Photo By スポニチ

 巨人・高橋が21日、“宮本カーブ”の習得を誓った。この日はブルペンで100球以上の投げ込みを行い、完全マスターを目指しているカーブも多投。「特に左ピッチャーでカーブを投げられる方は、いいピッチャーが多いと思う。そういった意味でも、そこをやっていきたいと思いました」と思いを語った。

 理想は宮本投手チーフコーチが操ったカーブの軌道だ。「球種の中で目線を高くできる、目線を外せるボール」。球速よりも、抜けを重視。使い手だった宮本コーチからは「頭を突っ込まないことだよ」とアドバイスを受け「最終的に自分のものにできるとすごくいい」とブルペンでも意識つけを行っていた。

 目標は開幕ローテーション。「しっかり意識しながらやれればいいなと思います」と高橋。実戦で試投を繰り返し、シーズン仕様に磨きをかけていく。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年2月22日のニュース