西武ドラフト2位のNTT東日本・佐々木が今大会初登板で1回無失点

[ 2020年12月1日 21:32 ]

第91回都市対抗野球大会準々決勝   NTT東日本8―0四国銀行 ( 2020年12月1日    東京D )

<四国銀行・NTT東日本>NTT東日本・2番手の佐々木(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 今秋ドラフトで西武から2位指名されたNTT東日本の左腕・佐々木健投手が2番手で8回から登板。最速148キロで、1回を1安打無失点に抑えた。「緊張した。なんとか0で抑えることができた」と安どした。

 「左肘のコンディションが良くなかった」と今大会出遅れた理由を明かした。11月18日のオープン戦以来のマウンドとなったが「戻ってこれた」と手応えを口にした。NTT東日本は17年以来の4強進出を決めた。
 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月1日のニュース