阪神・岩崎 来季背番号「13」に変更 4年連続40試合登板、虎が誇る不動のセットアッパー

[ 2020年12月1日 14:01 ]

阪神の岩崎(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 阪神は1日、岩崎優投手(29)の来季の背番号を「67」から「13」に変更すると発表した。

 プロ7年目の今季は9月3日ヤクルト戦(甲子園)でプロ初セーブを挙げるなど、41試合に登板して5勝2敗2セーブ、17ホールドで防御率は1.82。コロナ禍での一時離脱がありながらも、4年連続40試合登板を達成するなど不動のセットアッパーとしてチームを支えた。

 来季は能見、藤川と長年ブルペン陣を支えてきたベテランがチームを去るが、クールな左腕が投手陣で最も若い背番号を背に、阪神を引っ張る。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月1日のニュース