日本ハム、メジャー通算13勝左腕アーリンを獲得へ 米記者報道 来季外国人5人体制

[ 2020年12月1日 09:41 ]

 日本ハムが、前ブレーブスのメジャー通算13勝左腕ロビー・アーリン投手(30)と1年契約で合意したと、スポーツ専門サイト「ジ・アスレチック」のケン・ローゼンタル記者が30日(日本時間12月1日)に自身のツイッターで伝えた。

 09年ドラフトでレンジャーズに3巡目で指名されて入団。22歳だった13年にパドレスでメジャーデビューし、メジャー通算115試合(先発は43試合)に登板して13勝20敗、防御率4・85。今季はパイレーツとブレーブスに所属し、9月にブレーブスを自由契約となっていた。

 日本ハムは来季、今季チーム最多タイ8勝を挙げたバーヘイゲンと先発と救援を兼任できるロドリゲスの残留が決定。新外国人として内外野を守れるロニー・ロドリゲス(前ブルワーズ)を獲得していた。3年契約最終年となる王柏融を含め、アーリンを獲得となれば来季は現状で5人体制となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年12月1日のニュース