阪神 投打の新外国人がアピール 2投手無失点好投 サンズ、ボーアは初安打

[ 2020年2月20日 16:35 ]

練習試合   阪神9―1楽天 ( 2020年2月20日    宜野座 )

<練習試合 神・楽>3回2死、サンズは右前打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の投打の新外国人が力量をアピール。16日に続いて、楽天に連勝した。阪神は初回無死一、二塁から好調・糸原の右前打で先制。ボーアの一ゴロの間に近本が還るなど、この回3点を挙げた。

 4回には高山の右本塁打などで2点、5回には2死満塁から原口が右に代打2点打するなど、リードを広げた。サンズ、ボーアにも来日初安打が飛び出した。

 投手陣も先発小野が3四球ながら2回無安打無失点。エドワーズ、スアレスの新外国人コンビもそれぞれ1回無失点でセットアッパーとして合格点の内容だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース