DeNAドラ1・森「9番遊撃」で先発も反省の2三振 戦友ロッテ・朗希と再会

[ 2020年2月20日 05:30 ]

練習試合   DeNA8―2ロッテ ( 2020年2月19日    宜野湾 )

肩を組みピースサインするDeNA・森(左)とロッテ・佐々木朗(千葉ロッテマリーンズ公式インスタグラムから)

 2軍から試合参加したDeNAドラフト1位・森(桐蔭学園)は「9番・遊撃」で先発出場。母校の先輩でもある高橋由伸氏が見守る中、3回の第2打席に右前打を放った。それでも2三振を喫し「自分の実力。しっかり振り返って、また次チャンスがもらえるように」と反省した。

 試合前には昨夏のU18W杯でともに戦ったロッテのドラフト1位・佐々木朗(大船渡)とも再会。肩を組みピースサインを決めるなど、つかの間の時間を楽しんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース