巨人・菅野 新フォームでフリー打撃登板 カーブに収穫「武器になる」

[ 2020年2月20日 05:30 ]

新フォームでフリーバッティングに登板した巨人の菅野(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野が今キャンプで初めてフリー打撃に登板。若林、モタを相手に計30球を投げ、ボール球はわずか5球で安打性もモタに浴びた柵越え1本だけ。「カーブが良かった。これは武器になるんじゃないかと思っています」と好感触を得た。

 新フォームに変更し、ブルペンではより鋭く曲がったスライダーに手応えを得ていたが、この日はカーブに収穫があった。モタに対する4球目に見逃しストライク。「今までにない軌道というか。腕の緩みもなかった」。制球が利いていた。

 球種を明かした上でも空振り5、見逃し4、ファウル9と圧倒。微調整を続ける新フォームは順調に進んでいるが「今のフォームで開幕しても、ずっといくとは限らない。コンディションによって変える可能性がある」と今後も試行錯誤する。

 「非常にいい。体全体を使ってバランスよく放ってくれている」と原監督。エースの今季初実戦は23日の楽天とのオープン戦。「球速も制球も、まだまだ詰めていけば上がっていく」とさらに完成度を高めていく。 (川手 達矢)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース