チーム最年長右腕・松坂が過ごす 西武の輪のど真ん中

[ 2020年2月20日 09:00 ]

打撃投手を務め、笑顔を見せる松坂(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】最初は一人であっても、宿舎の食堂に時間の許す限り、姿を見せた。そうすることで自然と後輩が寄ってきてくれた。西武・松坂はキャンプ前に「自然な形でたわいもない会話ができれば」と話していた。

 キャンプメンバーで前回在籍時からのチームメートだった選手は栗山だけ。それでも栗山から始まり、木村、森越らと食事のテーブルを囲み、投手陣との輪もできている。平井は「僕も松坂さんをいじっていますよ。温厚な人なので笑ってくれます。あれ?本当は怒っているのかな…」と冗談めかすほど、距離は近い。ソフトバンク、中日でも後輩から慕われた39歳。古巣でも、チームの輪の真ん中へ戻りつつある。(遊軍・春川英樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース