エンゼルス・大谷、投手復帰へ複数プラン シート打撃や延長キャンプ登板も

[ 2020年2月20日 05:30 ]

フォトデーでポーズをとる大谷
Photo By 共同

 5月中旬に投手復帰を目指すエンゼルス・大谷に複数の復帰プランが浮上した。ビリー・エプラーGMが、オープン戦は登板しないと断言した上で「自軍のマイナー選手相手のシミュレーテッド・ゲーム(シート打撃)や、アリゾナの延長キャンプで登板する可能性もある」と明かした。

 これまでマイナー戦で3、4試合の調整登板を経て、5月中旬の復帰を目指す案を示していた。一方、開幕を目指す打者としてはオープン戦で40~50打席を予定。同GMは、今季中に外野守備に就く可能性は否定した。

 この日、大谷は球団恒例の写真撮影を終えると、一塁までの走塁練習やフリー打撃に参加。その後は今キャンプ初めて投手相手の打撃練習「ライブBP」で打席に立ち、目慣らしに努めた。 (テンピ・柳原 直之)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース