阪神・サンズ、来日初安打 持ち味のコンパクトなスイングを披露

[ 2020年2月20日 14:23 ]

練習試合   阪神―楽天 ( 2020年2月20日    宜野座 )

<練習試合 神・楽>3回2死、サンズは右前打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神の新外国人サンズが来日初安打を放った。20日の楽天戦(宜野座)で3試合目の対外試合に「5番・左翼」で出場したサンズ。これまでの2試合では2打数無安打。初回の第1打席でも1死無走者から中飛に倒れていたが、3回の第2打席では右腕石橋に対し、カウント2―2から125キロの変化球を、右に流し打って、初ヒット。持ち味のコンパクトなスイングを披露して、スタンドを沸かせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース