阪神・ボーア 対外試合3試合目で来日初打点、初安打マーク

[ 2020年2月20日 13:38 ]

練習試合   阪神―楽天 ( 2020年2月20日    宜野座 )

阪神のボーア
Photo By スポニチ

 対外試合3試合目の出場となった阪神の新外国人ボーアが、楽天戦で「4番一塁」でスタメンで登場した。

 2試合で4打数無安打に終わっており、「早く結果を出したいね」と燃えていた背番号41。初回、木浪中前打、近本四球で無死一、二塁から糸原の右前打で先制。なおも無死二、三塁でボーアはフルカウントからの8球目の変化球127キロを強い二ゴロ。近本が生還し、来日初打点をマークした。

 3回1死からの第2打席では、3球続けての変化球で、最後は118キロを打って、中飛に倒れた。

 それでも5回の先頭打者でカウント2―1からの4球目、138キロを中前に弾き返し、来日初安打も記録。5回の守りでは鈴木の一塁線への強い打球をダイビングキャッチするなど、新4番のハッスルプレーにスタンドから大きな拍手が送られていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース