ロッテ・安田 三塁定位置奪取へ待望1号はバックスクリーン弾 3三振&守備は反省

[ 2020年2月20日 05:30 ]

練習試合   ロッテ2―8DeNA ( 2020年2月19日    宜野湾 )

<DeNA・ロッテ>2回1死 ソロ本本塁打を放ちハイタッチをかわす安田  (撮影・白鳥 佳樹) 
Photo By スポニチ

 滞空時間が長く、そして中堅方向へ伸びていった。ロッテ・安田がDeNA戦に「5番・三塁」で出場。2回1死からピープルズの141キロ直球をバックスクリーンに運んだ。

 「感触は凄く良かった。こういう打席を増やしたい」

 実戦5試合で15打数3安打で1本塁打。待望の今季1号に「気持ちは楽にならないが、もっとアピールできるようにしていきたい」と力を込めた。

 昨年は1軍出場こそなかったが、イースタン・リーグで本塁打&打点の2冠王に輝いた。ミスショット撲滅を目指し「力んでバットが下から出ると左肩が下がってファウルになってしまう」と「脱力」をテーマに掲げた。しかし、一発を放った後の打席で3連続三振に倒れ「直球を一発で仕留められなかった」と反省した。

 石垣島キャンプではドラフト1位・佐々木朗(大船渡)が注目された。そんな中で鳥越ヘッドコーチと連日、特守に取り組んだが、2回に先頭・伊藤光が放った三塁線の打球を簡単に抜かれた。レギュラー奪取へ課題は山積みだ。この日は2年目・藤原も2安打を放ち、アピールした。「凄い後輩がいっぱいいる。刺激をもらいながらやっていきたい」。勝負の3年目、安田の魂は燃えている。(横市 勇)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース