日本ハム・ドラ4鈴木健 強気の内角攻めで広島・誠也打ち取った!

[ 2020年2月20日 05:30 ]

練習試合   日本ハム5―1広島 ( 2020年2月19日    名護 )

<日・広>3回1死二塁、鈴木は鈴木誠(左)を遊ゴロに打ち取る (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日本ハムのドラフト4位・鈴木健矢(JX―ENEOS)が広島との練習試合に2番手で1軍デビュー。侍ジャパンの主砲・鈴木誠也を内角の直球で詰まった遊ゴロに打ち取り、右の変則サイドスローの真価を見せつけた。

 「最初に2本打たれて吹っ切れた。鈴木誠也さんに、最後にしっかりインコースで詰まらせたのは良かった」。3回1死から登板し、連続二塁打を喫して1失点。ここで開き直り、鈴木誠を外角球で追い込んで2―2から143キロの内角直球で詰まらせた。狙い通りの組み立てで内角を印象づけると、続く会沢は外角直球で泳がせて中飛。鈴木誠は「球に力がありました」と振り返り、栗山監督も「アウトの取り方に内容がある」と評価した。

 強気の内角攻め。鈴木健が中継ぎとしての開幕1軍へ、確かな一歩を踏み出した。 (秋村 誠人)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース