大リーグコミッショナー サイン盗み告発の選手を保護へ「必要な措置を」

[ 2020年2月20日 05:30 ]

アスレチックスのファイアーズ(AP)
Photo By AP

 大リーグ機構のロブ・マンフレッド・コミッショナーは18日、アリゾナ州スコッツデールで記者会見し、アストロズがサイン盗みをしていた期間に所属し、不正を告発したアスレチックスの右腕ファイアーズについて「どこでプレーする時も、守るために必要な措置を取る」と述べ、保護する姿勢を示した。

 また、スポーツ専門局ESPNのインタビューで、アストロズが手にしたワールドシリーズの優勝トロフィーを「金属片」と表現し、批判を浴びていることについては「失礼な言い方だった」と謝罪した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年2月20日のニュース