阪神 桑原、制限ギリギリ25%ダウンで更改 登板わずか7試合「来年やり返したい」

[ 2019年11月21日 14:27 ]

契約更改交渉を終え報道陣の質問にこたえる阪神・桑原(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の桑原謙太朗投手(34)が21日、西宮市内の球団事務所で交渉に臨み、減額制限ギリギリの25%ダウンとなる1500万円減の推定年俸4000万円でサインした。今季は右肘のコンディション不良に悩まされ、1軍登板は7試合にとどまった。

 「(今年は)何もできないまま終わった。また来年やり返したいなと思います」

 17年には67試合、18年は62試合のフル回転でリリーフ陣を支えた右腕は現在、鳴尾浜を中心にリハビリを行っており「いけたらいいなと思う」と来春キャンプでのブルペン入りを見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース