阪神 俊介、800万円減でサイン 入団以来初の無安打「悔しいシーズンでした」

[ 2019年11月21日 13:28 ]

契約更改交渉を終え報道陣の質問に答える阪神・俊介(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神の俊介外野手(32)は800万円減の推定年俸3200万円でサインした。今季は1軍出場6試合にとどまり、入団以来初の無安打。一昨年には規定打席未満ながら打率・309を残し、国内FA権を行使せずに残留した好打者も、来季は崖っぷちのシーズンとなった。

 「悔しいシーズンでしたし、自分の中で考えるシーズンでした。打たないと使ってもらえないので、しっかり打てるように」
 不参加だった安芸での秋季キャンプでの若手が成長が日々、伝えられた中、ベテランの域に差し掛かる来季に勝負をかける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース