巨人・山口、ポスティングでの米移籍「どこでもウエルカムです」

[ 2019年11月21日 05:30 ]

ジャイアンツ球場を訪れた巨人・山口      
Photo By スポニチ

 レンジャーズがポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指す巨人・山口俊投手(32)の獲得に乗り出すことが19日(日本時間20日)、分かった。既に先発投手を補強する方針を示しており、再建に向けた先発の一角として山口を評価。来季から使用する開閉式の新球場グローブライフ・フィールドで改善された環境面を売りに山口のハートをつかみにいく。

 山口はこの日、荷物整理のため川崎市のジャイアンツ球場を訪れた。希望球団については「どこでもウエルカムです」と全球団OKの構え。12月5日で締め切られるポスティングの申請時期については「いろいろ書類を準備している段階」。渡米準備も「まだ全然です」と説明した。入札後の交渉が不調に終わった場合でも、巨人側は背番号11を空き番にしたまま、再び受け入れる態勢。山口は球団の思いに感謝しつつ「交渉が長期化の可能性も?そういうのを含めて自分の中で、覚悟を決めてやっている」と強い決意を改めて語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース