慶大19年ぶり日本一 献身的ボールボーイが“大久保イズム”の象徴

[ 2019年11月21日 08:30 ]

明治神宮野球大会 大学の部決勝   慶大8―0関大 ( 2019年11月20日    神宮 )

慶大のボールボーイを務める金沢爽・学生コーチ(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 【記者フリートーク】監督の「右腕」も歓喜の瞬間を迎えた。慶大・金沢爽・学生コーチ(4年)はボールボーイとして優勝を見届け「元の居場所に戻った感じ。優勝できて最高です」と感慨深げだった。

 大久保監督が「献身的な姿勢を他の選手にも見てほしい」と、オープン戦でいつもベンチでそばに座らせていた。2年春からはボールボーイを務め大声で鼓舞。選手としてリーグ戦のメンバー入りはかなわなかったが、今年は学生コーチとしてベンチ入りした。今大会は登録枠が足りず「周囲も含め、まあ僕だろうと」。通常なら下級生の役目であるボールボーイ役に復帰し、声を出し続けた。

 「大久保監督は視野の広さが凄いし、一人一人の役割を尊重してくれた。素晴らしい監督の下でやれて、言うことなしです」。全員に輝く場所がある。金沢の存在は大久保野球の象徴だった。(アマ野球担当キャップ・松井いつき)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース