中日・ビシエド 助っ人異例の球団納会参加「とても素晴らしい会」

[ 2019年11月21日 20:09 ]

外国人選手として納会に異例の参加をするビシエド(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日のダヤン・ビシエド内野手(30)が21日、名古屋市内で行われた球団納会に参加。チームメートらと食事をして1年を労い「とても素晴らしい会に参加できた」と満足そうな笑みを浮かべた。

 外国人選手はシーズン終了後、すぐに帰国する選手が多いため、助っ人が球団納会に出席するのは異例中の異例。

 ただ、ビシエドは球団と3年契約を結んでおり、子どもの学校の関係で12月中旬まで日本に滞在するため、異例の参加となった。「チームの一員として参加できてとても嬉しい」と日本プロ野球の恒例行事を楽しんだ様子。

 23日に行われるファンフェスタも参加予定で、日本でのシーズンオフを満喫するつもりだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース