新井さん、世界一の捕手・会沢とバッタリ再会 2ショット写真に鯉党大喜び「二人とも素敵な笑顔」

[ 2019年11月21日 21:47 ]

新井貴浩氏
Photo By スポニチ

 元広島主砲で、昨季限りで現役を引退した新井貴浩さん(42)が21日、自身のブログを更新。バッタリ再会したある人との笑顔の2ショット写真を掲載し、カープファンを喜ばせた。

 新井さんは「偶然!!」のタイトルでブログを更新。「バッタリ…世界一おめでとう!!」との短い言葉とともに、侍ジャパンのメンバーとして国際大会「プレミア12」を戦い、見事に2009年WBC以来10年ぶりの世界一を勝ち取った広島の会沢翼捕手(31)との2ショット写真を披露した。満面にくしゃくしゃの笑みを浮かべる弟分・会沢の横で、会沢の肩を抱いた新井さんは柔らかい優しげな笑みを浮かべている。

 広島勢は「プレミア12」に会沢をはじめ、菊池涼介内野手(29)、鈴木誠也外野手(25)と3選手が出場。鈴木は侍ジャパン4番として史上初となる3試合連続アーチを放つなど、打率・444(27打数12安打)、3本塁打、13打点と打撃3冠に加えて大会MVP、右翼手のベストナインとタイトルを総なめにし、菊池涼も二塁手のベストナインに選出。会沢は韓国との決勝戦で先発マスクをかぶってフル出場するなど今永(DeNA)ら他球団投手を好リードで支え、勝負強い打撃でも存在感を示した。

 新井さんはTBSで解説を務めた際にも後輩たちの活躍がうれしくてたまらない様子が言葉の端々にあふれていたが、会沢の横でうれしそうな新井さんと、頼れる選手会長・会沢のとろけそうな笑顔にブログ読者もほっこり。「二人とも素敵な笑顔」「たまりませんな」「お兄さんのように心を許してる人の前だとこんな笑顔になるんですね」「アツさん、とっても嬉しそう」と新井さん&会沢(愛称アツ)の貴重な2ショットに大喜びだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース