中日・与田監督、球団納会で悔しさ吐露「30年間でこんなに恥ずかしいシーズンはなかった」

[ 2019年11月21日 18:25 ]

納会であいさつする与田監督(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日は21日、名古屋市内のホテルで球団納会を開いた。白井文吾オーナー、矢野博也球団社長、与田剛監督、福田永将選手会長らが出席。

 与田監督は冒頭のあいさつで「初めて監督を経験させてもらい、プロ野球に入って30年間でこんなに悔しい、恥ずかしいシーズンはなかった」と5位に沈んだ今季を反省。

 その上で「選手、スタッフは一生懸命頑張ってくれた。1点差、あと1歩という試合が多かった。私の力で落とした試合が多々あった」と悔しさをにじませた。

 「プロ野球は仕事。仕事を果たして、しっかり結果を残すことが恩に報いること。来季に向けてしっかり準備していきたい」と雪辱を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月21日のニュース