巨人 ドラ3菊田、背番号60 高校通算58発男狙うは「おかわり2世」

[ 2019年11月19日 05:30 ]

仮契約を終えた巨人ドラフト3位の常総学院・菊田拡和内野手(中央)
Photo By スポニチ

 巨人からドラフト3位で指名された常総学院・菊田が茨城県土浦市のホテルで契約金5000万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。「おかわり2世」を目指す。1メートル82、92キロの大きな体から高校通算58本塁打を誇る右の長距離砲。将来はシーズン60発を打てる強打者にという原監督の期待がこめられ、西武・中村と同じ背番号60を託された。18歳は「ゆくゆくはそこを目指せる選手になりたい」と力強く決意表明した。

 2年冬に中村の動画を参考に脱力打法を導入。「“手を骨折した後に打ったホームランが、脱力していい感じで打てた”と言っていたのでマネをした」。確実性が上がり、高3春から20発以上を放った。「60番は菊田、といわれるようになりたい」。おかわり君のような規格外の活躍を誓った。(青森 正宣)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月19日のニュース