中日・鈴木博 現状維持の年俸2200万円「来年こそ1年通して1軍」

[ 2019年11月19日 10:53 ]

2年目の今季を振り返った中日・鈴木博
Photo By スポニチ

 中日の鈴木博志投手(22)が19日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸2200万円でサインした。

 2年目の今季は開幕から守護神に任命され、5月までに14セーブをマーク。ただ、その後は安定感を欠き、抑えの座を奪われると8月以降は1軍登板がなかった。

 今季を振り返り「始めは良いスタートを切れて、順調に仕事ができたが、オールスター前に2軍に落ち、2軍生活が続いた。思うような良いシーズンでなかった」と悔しさをにじませた。

 沖縄での秋季キャンプは「もう一度、自分の軸であるストレートを磨いた」と練習に励み、台湾でのウインター・リーグでも「キャンプでやってきたことをしっかりバッターに投げ込めるか試せる。実戦の中でつかめたら」と話した。

 今季前半は守護神を務めた右腕も来季のポジションは確約されていない。「来年こそは1年通して1軍の舞台に立つことを目標にやっていきたい」とまずは信頼回復を最優先とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月19日のニュース