山口、巨人初のポスティングで「夢への挑戦」“超特例”入団時に契約条項あった

[ 2019年11月19日 05:30 ]

ポスティングでメジャーに挑戦する山口(中)を激励する今村球団社長(右)と原監督(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人・山口俊投手(32)が18日、都内で会見を開き、今オフにポスティングシステムを利用して大リーグ移籍を目指すことを正式表明した。球団が同制度での移籍を認めるのは初めて。今村司球団社長(59)は2016年オフにDeNAからフリーエージェント(FA)で獲得した際に、同制度を利用できる権利を契約に盛り込んでいたと説明し、5年ぶりリーグ制覇の功労者の夢を後押しする姿勢を示した。

 球団の歴史が動いた。山口が威風堂々席を立ち上がる。「私の夢でもありましたアメリカ大リーグに挑戦させていただく」と表明した。球団史上初のポスティングシステム利用。重圧はあるが「生半可な気持ちではいけない。結果を残すことが巨人への恩返し」と顔を紅潮させた。

 「門出の日」と称した原監督とともに同席した今村社長が、同制度容認の経緯を説明した。16年オフの契約時にさかのぼる。「FA移籍にあたって時期を確定しない形で、ポスティングができる権利を(山口が)もらった」。他球団との獲得競争の中で契約につけた条項。今年6月に就任した同社長だが「その時の最善の最大の選択をしたと思っています。それを受け継いで、履行している」と話した。

 移籍3年目。今季はリーグ最多15勝を挙げ、奪三振王、勝率第1位にも輝いた。5年ぶりリーグ制覇に貢献した功労者に対し、今村社長は「世界を舞台に活躍するのがスーパースターの条件」と夢を後押しするに至った。今後も申請の手続き、練習環境の提供などサポートを続ける。背番号11を空き番とし、移籍が不調に終わった際には再び受け入れる。

 4年ぶりに復帰した原監督は同契約を夏場に知ったが、「約束事を現場の監督として励行しようと」と送り出す。当初は来季の戦力として慰留したが、話し合いを重ねる中で「夢、挑戦に関しては立ち入ることができない。聖域」と背中を押した。「メジャーリーグで活躍することを願う野球人の一人」と自身を形容。ピンチをつくっても最少失点で切り抜ける粘り強い投球を今後も見据え、移籍先に「でん、と使ってほしい」と要望した。

 山口は、とんねるず・石橋貴明が出演した94年公開の映画「メジャーリーグ2」を見て初めて意識したという。巨人での活躍もメジャー移籍が原動力となった。「わくわく感、どきどき感が湧いている」と目を輝かせた。(神田 佑)

 ≪2度目FA権取得には実働4年必要≫山口は16年のシーズン中に出場選手登録日数が8年(1シーズン145日以上)に達し、国内FA権を取得。同年オフに権利を行使して巨人へ移籍した。2度目の権利取得には、さらに実働4年の出場選手登録日数を満たす必要があり、山口は順調なら21年のシーズン中となる。

 ◆山口 俊(やまぐち・しゅん)1987年(昭62)7月11日生まれ、大分県出身の32歳。柳ケ浦では1年夏、3年春に甲子園出場。05年高校生ドラフト1巡目で横浜(現DeNA)入団。06年6月29日の巨人戦で初登板初勝利。12年には史上最年少で通算100セーブ。14年途中から先発を務め、16年に11勝を挙げ球団初のCS進出に貢献した。同年オフに巨人にFA移籍し、18年には史上79人目のノーヒットノーラン。1メートル87、98キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月19日のニュース