中日・福田 2000万円増の年俸6700万円でサイン 来季は「レギュラーで1年出られるように」

[ 2019年11月19日 17:19 ]

レギュラー奪取を誓った福田
Photo By スポニチ

 中日の福田永将内野手(31)が19日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、2000万円増の年俸6700万円でサインした。

 今季は正三塁手の座を高橋に譲り、開幕スタメンを逃すと、前半戦は2度の2軍落ちを経験。それでも夏場以降に調子を取り戻し、8月は打率・318、8本塁打、9月は打率・330、3本塁打と終盤に勝負強さを発揮し、終わってみれば自己最多タイの18本塁打、キャリアハイの66打点をマークした。

 「レギュラーじゃないところから始まったシーズンで存在感は見せられたが、1年間通して納得するパフォーマンスができなかった」と複雑な表情を見せた。

 ナゴヤ球場での秋季キャンプでは外野守備を重点的に取り組み「とにかく試合に出るのが1番。レフトが今、一番チャンスがある。可能性があるところは全部やりたい」と意欲。「来季の目標はもちろん優勝。中心でいられるよう、レギュラーで1年出られるようにしたい」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月19日のニュース