関大・森 8回0/3を13K 準決勝進出貢献「悪いなりに要所は締められた」

[ 2019年11月19日 05:30 ]

明治神宮野球大会第4日 大学の部 準々決勝   関大5-0金沢学院大 ( 2019年11月18日    神宮 )

金沢学院大戦に先発し、好投した関大の森
Photo By 共同

 関大の先発・森が最速149キロの直球を軸に8回0/3を7安打無失点、13奪三振で準決勝進出に貢献した。4年生の左腕は「最後まで投げたかった。(公式戦で)完封はないので…。悪いなりに要所は締められた」と苦笑交じりに振り返った。

 優勝した1972年以来47年ぶりの勝利。自身4度目の出場で初勝利となった早瀬万豊監督は「うちらしい内容で選手の自信になる」と頬を緩めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月19日のニュース