中日・祖父江 2度目の契約更改交渉でサイン 来季年俸については語らずも「話をして整理できた」

[ 2019年11月19日 16:03 ]

2度目の契約更改交渉でサインした祖父江
Photo By スポニチ

 中日の祖父江大輔投手(32)が19日、ナゴヤ球場で2度目の契約更改交渉に臨み、サインをした。

 今季44試合に登板した右腕は、12日の交渉の席でダウン提示を受け保留。この日の交渉後、祖父江は増減額や来季年俸について「皆さんにお任せします」と詳細を語らなかったが「(前回は)僕の考えがまとまってなくて、もう一度考えさせてくださいとなった。話をして整理できたので、サインさせてもらいました」と話した。

 その上で今季を振り返り「開幕直後は8回を投げさせてもらいながら、2試合連続で(救援)失敗するなど自分でチャンスをつかめていない。そこは成長しないと。1年間1軍にいることが大事」と来季に向けてレベルアップを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年11月19日のニュース