ナショナルズ崖っ縁…右腕・シャーザーが首痛で先発回避「どうしようもなかった」

[ 2019年10月29日 02:30 ]

ワールドシリーズ 第5戦   ナショナルズ1-7アストロズ ( 2019年10月27日    ワシントン )

アストロズ戦の6回、ベンチから戦況を見守るナショナルズのマルティネス監督
Photo By 共同

 崖っ縁に追い込まれた。首痛で先発回避したナショナルズのエース右腕シャーザーは「こんなにがっかりしたことはない。今まで何とかしてきたけど、今回はどうしようもなかった」。数日前に違和感を覚え、この日は自力で服も着られなかったという。

 1933年以来、86年ぶりに首都開催されたワールドシリーズで3戦全敗。デーブ・マルティネス監督は「ファンは9回にも応援してくれた。我々は戦い続ける」と必死に前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース