西武・秋山 メジャー挑戦を視野にFA権行使を表明「自分を必要としてくれる球団があるのか不安も」

[ 2019年10月29日 16:39 ]

特打を終え、周東(右)にアドバイスを送る秋山
Photo By スポニチ

 西武・秋山翔吾外野手(31)が29日、メジャー挑戦を視野に入れて、海外フリーエージェント(FA)権を行使することを表明した。

 「昨日、海外フリーエージェント権の行使を球団に伝えたことを報告させていただきます。9年間一緒に戦ってきた監督、コーチ、チームメート、そしてファンの皆さんのことを思うと何とお礼を申せばいいか分かりません」

 プレミア12に臨む侍ジャパンの2次合宿地である沖縄で会見した。「侍ジャパンに呼んでいただき、大会を通じて、最高峰のレベルと言われるメジャーリーグを意識した」と代表での国際大会に参加したことが、決断への一つのきっかけとなったことを明かした。

 「自分がどこに行きたいよりも、自分を必要としてくれる球団があるのか不安もある。今は権利を行使するということを決めたということだけです」と秋山。

 家族である夫人とも相談を重ね、決断を尊重するという後押しをもらったという。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース