ロッテドラ1指名の大船渡・佐々木 井口監督と初対面「オーラがあったし、とてもかっこよかった」

[ 2019年10月29日 16:09 ]

<ロッテ1位・佐々木>井口監督から指名あいさつを受ける佐々木(撮影・西尾 大助)
Photo By スポニチ

 ロッテにドラフト1位指名された大船渡・佐々木朗希投手(17)が29日、大船渡市の同校で井口資仁監督、松本尚樹球団本部長、永野吉成チーフスカウト、柳沼強スカウトの指名あいさつを受けた。

 井口監督とは初対面だったが「オーラがあったし、とてもかっこよかった」と時折、笑顔も浮かべながら第一印象を語った。

 入団にも前向きな姿勢で「(ロッテは)若い選手が活躍しているので、自分もそれに乗って一緒に活躍できたらいいと思います」と頭の中には自らのストライプのユニホーム姿を思い描いている。

 指揮官からは「日本一の投手になるために体力づくりから一緒にやっていこう。その先の目標もあるよね?」と大谷の日本球界最速165キロ超えなど、一緒に挑戦しようと語りかけられた佐々木は「目の前の目標からしっかり達成し、いつかその夢を達成できるように頑張りたい」と同調していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース