ヤマハ 3年ぶり初戦突破 河野「一戦一戦大事に戦いたい」

[ 2019年10月29日 05:30 ]

第45回社会人野球日本選手権 第4日   ヤマハ8-4JR四国 ( 2019年10月28日    京セラドーム )

7回1死三塁、中前に適時打を放つヤマハ・河野
Photo By スポニチ

 ヤマハは、終盤に打線が奮起し、逆転で日本一になった16年以来3年ぶりの初戦突破を果たした。6回に同点とし、7回1死三塁から2番・河野が決勝の中前打。「直球狙いだったけど、抜けたフォークをうまく打てた」と声が弾んだ。

 今季は都市対抗に3年ぶりに出場し、今大会は2年ぶりの出場。河野は「自分たちは(都市対抗の東京と日本選手権の京セラ)ドームで勝つことが全て。一戦一戦大事に戦いたい」と気を引き締めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース