侍ジャパン・山口 初公式球も問題なし「違和感はなかった」

[ 2019年10月29日 05:30 ]

投手陣の一員として投内連係を行う山口(左)(撮影・成瀬 徹)      
Photo By スポニチ

 侍ジャパンの山口が初めて公式球を使用して田口とキャッチボールするなど調整した。大会の公式球はSSK社製で、シーズン中に使用するミズノ社製と異なるが「(公式球は)初めて投げたけど、違和感はなかった」と問題なしを強調した。31日のカナダ戦に先発登板し2イニングを予定している。

 来月5日からの1次ラウンド3試合は岸、山口、今永の順で先発を務めることが決定的で、山口は6日のプエルトリコが相手となるが「100%に仕上げるだけです」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース