オリ3位 近大・村西、目標は160キロ「接戦でも投げさせてもらえる投手に」

[ 2019年10月29日 05:30 ]

オリックスから指名あいさつを受けた近大の村西良太投手(中央)。右は古屋編成部副部長、左は内匠スカウト
Photo By スポニチ

 オリックスから3位で指名された近大・村西が指名あいさつをうけた。今ドラフトでは球団唯一の即戦力投手で、サイドスローに近い変則右腕は「開幕1軍入りして、接戦でも投げさせてもらえる投手になりたい」と早速、抱負を口にした。

 昨秋にはMAX152キロに更新するなど伸びしろも期待されており、「まだ体が細いが、パワーが付いてくれば球も速くなると思う。目標は高く、160キロです」とキッパリ。年内は大学の寮に泊まり、新人合同自主トレでアピールするための体力強化に励む。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース