王子 ベテラン近藤が139球完投勝利「ぎゃふんと言わせたかった」

[ 2019年10月29日 05:30 ]

第45回社会人野球日本選手権 第4日   王子5-1東芝 ( 2019年10月28日    京セラドーム )

王子・先発の近藤
Photo By スポニチ

 王子は、社会人7年目のベテラン近藤が、ドラフト指名を受けた岡野、宮川との投げ合いを制した。「意識はしていました。下馬評でも東芝有利と言われていたのでぎゃふんと言わせたかった」と円熟の投球術を展開した。

 内野ゴロ併殺が3度、二ゴロアウトが実に8度。「打者の狙いを考えてずらすことを意識した。味方も援護してくれて助かりました」と8安打、139球完投勝利に胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース