楽天・銀次 FA行使せず残留表明 3年契約「東北に残って勇気を」則本も残留

[ 2019年10月29日 05:30 ]

国内FA権を行使せず残留すると表明した楽天・銀次
Photo By 共同

 楽天の銀次内野手(31)が楽天生命パーク宮城で取材に応じ、今季取得した国内FA権を行使せず残留すると表明した。球団からは3年契約を提示されており「東北にしっかり残って勇気をちょっとでもいいので与えたい。東北出身者としてチームを引っ張っていけるように」と話した。

 また、則本昂大投手(28)も故障者特例措置で今季取得した国内FA権を行使して残留すると明らかにした。「権利を持ったまま(長期契約期間を)過ごすという思いは全くない。この先もイーグルスで頑張りたいという気持ちを表すためにはこれがベスト」と話した。今季が3年契約最終年だったが3月に7年の長期契約を結び直していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース