広島 育成3位・畝と仮契約「実感わいた」父・畝コーチと“父子鷹”で支配下目指す

[ 2019年10月29日 18:28 ]

父の畝龍実コーチ
Photo By スポニチ

 広島は28日、育成ドラフト3位で指名した独立リーグ「四国アイランドリーグplus」香川の畝章真(うね・たかまさ)投手(24)と仮契約を結んだと発表した。

 今季1軍投手コーチを務め、来季は3軍統括コーチとなる畝龍実氏(55)を父に持つ畝は身長1メートル77、体重83キロで、右サイドスロー。

 球団を通じて「仮契約を終えて、プロ野球選手になったという実感がわきました。アピールポイントは、制球力と多彩な変化球です。高津さんと潮崎さんのようなシンカーを武器としたサイドスロー選手になりたいです。カープは、強くてファンが熱いイメージがあります。まずは支配下を目指して一つ一つ目標をクリアしていきますので、見ていてください」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年10月29日のニュース